【外出時】離乳食が始まる前にベビーチェアを決めよう


日本ではまだまだ子供連れに対してWELCOMEではないお店が多いです。

そのために外食先のお店で用意がある、
また外出先でベビーチェアがつかえるかどうかはわかりません。

身近なエリアならまだいいのですが、
少し大きくなると旅行に行くことができるようになります
旅先の環境は未知の世界です。
1歳半を越えれば大人の椅子にも座れますが、
ちょうどやんちゃな時期で逆に必要です。
暴れますし、動き回りたい時期ですので固定されていないと・・・。

そんな時に便利なのが持ち運び可能なベビーチェアです。
キャリーフリーのベビーチェア、もしくはチェアベルトという2種類に分けられるようです。

1、キャリーフリー ベビーチェア
こちらはテーブルに設置するタイプの商品です。
手提げで持ち運べるサイズですが、常備するのには少々重いかもしれません。
でもしっかりしていてベビーチェアとしては通常のものと同様に機能してくれます。

2、チェアベルトタイプ
気軽に持ち運べるのはこのタイプです。
布だけですが、少々頼りなさがあるのですが、携帯用ならこれで十分です。


意外と便利なので皆さんも参考にしてみてください

あわせて読みたい